「浮気された側」が離婚裁判や慰謝料請求訴訟などを提訴した際に「浮気した側」が使う言い逃れに
既に「婚姻関係が破綻」していたというものがあります。

婚姻関係の破綻

夫婦関係がすでに破綻していた状態では、浮気が夫婦関係を破綻させた原因にはなりませんので
浮気そのものが不法行為として認められないという事になってしまいます。

ちなみに「婚姻関係が破綻」は『婚姻関係が深刻に破綻し共同生活の回復の見込みがないといえる場合』
です。

しかしながら、「婚姻関係が破綻」しているという言い訳が通用するケースは殆どありません。
なぜなら、「浮気している側」が(婚姻関係の破綻を主張している側)

・婚姻関係が破綻している事を証明する必要がある
・夫婦双方が破綻している事を認めていなければならない

という事です。つまり「浮気された側」が破綻を認めなければ条件を満たすことは殆どありません。
別居していれば「婚姻関係が破綻」しており、浮気をしても不法行為にならないと考えている方もいますが
一緒に食事をしたり、子どもと出かけたり、夫婦で冠婚葬祭に参加するなどの行動があれば破綻とはなりません。

さらに別居前から浮気相手と接触していた証拠があれば、相手はもう言い逃れ出来ませんので
「婚姻関係の破綻」を相手が持ち出してきても冷静に対処しましょう。

浮気や離婚の悩みは東京都港区の探偵にご相談下さい!