不貞行為悪意の遺棄3年以上の生死不明回復の見込みのない強度の精神病の他に
民法で定められている法定離婚原因「婚姻を継続しがたい重大な事由」があります。
民法770条1項の1号~4号には該当しないが、夫婦関係が破綻しており
その回復の見込みがない場合には、離婚原因として離婚請求が認められます。

継続しがたい理由

  • 配偶者も離婚の意思を持っている
  • 配偶者が老人性痴呆症や難病に罹患している
  • 配偶者からDV・モラハラなどを受けた
  • セックスレス
  • 性格の不一致
  • 配偶者の借金・浪費

などが認められるケースとなりますが、婚姻関係が実質的に破綻しているかどうか
未成年の子がいるかなど様々な要素から総合的に裁判所が離婚を判断します。

離婚問題にお悩みの方は東京都港区の探偵にお任せ下さい!