もっとも一般的な協議離婚では、夫婦が合意すれば離婚は成立しますが夫婦のどちらかが離婚に合意せず、離婚調停でも合意に至らなかった場合家庭裁判所に離婚の訴えを提起(離婚訴訟)しますが、これには民法が定めている「法定離婚原因」が必要になります。

法定離婚原因 不貞行為

5種類の法定離婚原因がありますが、1つ目は「配偶者に不貞な行為があったとき」つまり「不貞行為」です。

「不貞行為」とは配偶者としての貞操義務の不履行、つまり浮気ということになります。
「不貞行為」男女間の性交渉ありきなので、性交渉を伴わない男女の密会は「不貞行為」には該当しません。
また、「不貞行為」が離婚原因となるには原則として反復した複数回の「不貞行為」が必要とされます。
ただし性行為が推認できる証拠などがあれば性行為そのものを立証する必要はありません。

不貞行為の立証は東京都に詳しい探偵へ!