不貞行為の他に民法で定められている法定離婚原因「悪意の遺棄」があります。
民法の752条では「夫婦は同居し互いに協力し扶助しなければならない」とあり
「同居・協力・扶助」の三つの義務を履行しなくてはならないことになっています。

悪意の遺棄

夫婦共同生活が維持できなくなることを企図や意思を持って三つの義務を
正当な理由なく故意に履行しないことを「悪意の遺棄」といいます。

具体的な事例としては
・配偶者が正当な理由も無く、家を出て帰ってこなくなった。
・収入があるのにもかかわらず生活費を家庭に入れない。
・専業主婦が正当な理由もなく家事を放棄する。

などで、夫が愛人を作って家に帰って来ないケースも不貞行為の証拠が
ない場合、「悪意の遺棄」と言えるでしょう。

配偶者からの暴力、DVやモラハラなどから非難するための別居は
「悪意の遺棄」にはあたりません。

離婚問題解決は東京都港区の探偵にお任せ下さい!