浮気や不倫に限ったことではありませんが
離婚の際には、慰謝料は幾らかといった話題になります

そもそも慰謝料とは離婚の際に必ず発生する訳では無く
離婚になる原因を作った「有責配偶者」に対して
精神的苦痛を被った、もう一方の配偶者が慰謝料請求を
することができます

慰謝料

 

慰謝料算定の材料としては一般的に
有責行為の状態、有責行為の程度、破綻に至る経緯、婚姻期間、子どもの有無
などが考慮され、相場としては100万円から300万円程度となっています

もちろん有責配偶者だけでなく、浮気相手にも慰謝料請求が可能となるケースも
当然ありますが、請求額などは弁護士に相談し請求するのがベストです

また、明確な不貞行為の証拠が必要となり、個人では証拠収集は難しい場合が
多く、調査会社を使った証拠収集がベストと言えます

慰謝料請求のための証拠収集はガルエージェンシー横浜駅前にお任せ下さい!