慰謝料請求といっても直ぐに裁判で請求する事は稀で、まずは示談や内容証明などで請求するのが一般的ですが、支払われない場合には調停や訴訟などの裁判手続きで請求します。浮気・不倫の相手に慰謝料請求する際に注意しなければならないのが以下の法律上の要件(必要な条件)です。

慰謝料請求の条件

  1. 不貞行為の相手が、既婚者(内縁関係や婚約関係も含む)であることを知っていた事
  2. 複数回にわたり同一の相手と肉体関係(いわゆる性的関係)があった事
  3. 不貞行為が、脅迫や暴力(レイプなど)によるものではない事
  4. 夫婦関係が破綻していない事
  5. 請求時「知ったときから3年及び行為の時から20年」という不法行為の消滅時効にかからない事
  6. 請求権を放棄していない事(浮気した配偶者から浮気相手の分も支払われた場合など)
  7. 浮気・不倫の証拠がある事

いずれにしても、手続きや法律知識などが必要になって来ますので慰謝料請求の必要性を感じたら弁護士等に相談して進めるほうが無難と言えます。

浮気や離婚の悩みは東京都港区の探偵にご相談下さい!